スマイルゼミ幼児コース タッチペンやダブレットの仕様などについて 

スマイルゼミのタブレットとタッチペン 仕様など

スマイルゼミの幼児コースをはじめて1か月ほど経ちました。

最近は、やり忘れてしまう日も出てきましたが、自分から「スマイルゼミまだやってない!」といって取り組むことも増え、順調に習慣化されてきているように感じています。

さてそんなスマイルゼミですが、しばらく使用してみて気が付いたタブレットとタッチペンの仕様についてちょっとまとめておこうかと思います。

スポンサーリンク

スマイルゼミのタブレットがフリーズする

全般的に満足して使っているスマイルゼミなのですが、しばらく使っていると気が付くところも出てくるもので、そこら辺を少しピックアップしておこうかと思います。

まずタブレットについてなのですが、タブレットが時々フリーズしてしまうことがあるのが気になっています。

これはある程度は仕方のないことだとは思うのですが、一度フリーズしてしまうと操作ができなくなってしまうので、電源を切って入れなおすしかないです。

電源を入れなおすと普通にできるのですが、講座に取り組んでいる途中でフリーズした場合は、途中まで取り組んでいたところの保存はされていないのでまたやり直しになってしまいます。

これが結構子供のヤル気をそぐんですよね・・・

塗り絵の途中でフリーズしてしまった息子。
せっかく上手にできていたのに、また最初からになってしまって大泣きしてしまいました。

途中途中でこまめに自動保存してくれるような機能が付けば、まだマシなのかなと思います。

スマイルゼミのタッチペン

スマイルゼミはタブレットとタッチペンを使って取り組むようになっているのですが、このタッチペン、子供が使い慣れるまではなかなか目を離せないなと思いました。

小さな子供が使うことを想定しているはずなので、ある程度タフには作られているのだと思いますが、タッチペンの反応が鈍い時など、子供が力任せにタッチしてしまうことがあるので、壊れやしないかヒヤヒヤしてしまいます

壊れてしまった時のための保険システムとして、「安心サポート」というものが用意されています(税抜き3,600円/年)。

体験会に参加すると、この安心サポートが初年度無料になるなどの特典が受けられる場合があります。(※体験会の特典内容は変更される場合があります)

高価なものなので、子供が丁寧に使えるようになるまでは、ある程度気を付けて見守ることが必要そうですね。

スマイルゼミ専用タッチペンは握りやすそう

そんなスマイルゼミの専用タッチペンですが、小さな子供にも握りやすいように工夫されています。

スマイルゼミのタブレットとペン 持ちやすいタッチペン

一見すると普通のタッチペンなのですが、丸みを帯びた三角形になっているので、鉛筆の持ち方を練習中の年齢のお子さんにも使いやすいようになっているんですよ。

スマイルゼミのタッチペン 丸い三角

個人的には、このペン先がもうちょっとクッション性のある柔らかい素材になったらいいのになと思っています。
そうしたらタブレットの画面を強くタッチしても安心です。

幼児用のペン先があってもいいですよね。

タブレットのタッチペンは書く練習になる?

そして最後に、私が一番気になっているところなのですが、このタブレットのタッチペンは正直、紙に書く練習にはあまりならなさそうだなという点。

タブレットに書くためのペンなので、どうしても紙に鉛筆で書くのとは書き心地が変わってしまいます。

タッチペンの方が軽い力でスイスイ書けてしまうので、しっかり書く力はつきにくいかなと。別途紙に書く練習はいりそうですね。

とはいえ、鉛筆を持つ練習にはなるでしょうし、運筆の練習の第一歩としては十分です。
軽い力で書けるからこそ、まだ鉛筆がうまく使えないお子さんでも使いやすいというメリットもあると思います。

我が家ではタブレットと並行して、紙のドリル教材も取り入れていこうかなと思っています。

紙のドリルでも、何回も書いて消せるタイプもあるんですよ!
我が家はこのドリルでひらがなの練習デビューしました。
レビュー記事何回でも思う存分書き直せるから子供が夢中になるひらがな練習帳

スマイルゼミのタブレットとタッチペンは幼児に向いているのか

スマイルゼミの幼児コースを受講してみて、子供の様子をここのところよく観察しているのですが、子供ってやっぱりすごいですね。
はじめてのタブレットのはずなのに、あっという間に使い方を習得してしまって、今では親の助けなしにどんどん講座を進めていってくれています。

楽しく取り組んでくれているようで良かったです。

今回はタブレットやタッチペンの使い心地などの仕様の面の中の、ちょっと使いにくいなという点をあえてピックアップしましたが、それ以外はおおむね親も子も満足して利用しています。

幼児向け教材としてどうなのかについていですが、タブレットだけですべての学習を補うのはやはり少し無理があるように感じています。

しかしそれはどんな通信教材でもきっと一緒です。

子供の得手不得手などにあわせて、他の教材などと組み合わせて使用していければいいのかなというのが今のところの私の考えです。

毎月ドリルが届く幼児ポピーの資料請求もしてみました。
月会費がお手頃で他の通信講座とも組み合わせやすく、毎月届くドリルやワークもシンプルです。

無料の資料請求で届く「おためし号」もしっかりボリュームがあってお得感がありましたよ!
レビュー記事ドリル教材が届く「月間幼児ポピー ポピッこ」の資料請求

スマイルゼミ幼児コースでタブレット学習はじめてみました!

スマイルゼミというタブレット学習教材をはじめてみました!

子供一人でも熱心に取り組んでいる様子なので、自宅でのお勉強の習慣をつけるのには一役買ってくれそうだなと思っています。

レビュー記事スマイルゼミ幼児コースの資料請求をしてみた

スポンサーリンク