生理用品(ナプキン、タンポン、布ナプキン、月経カップ)感想まとめ

生理用品感想比較

月経カップも使い始めて今月で3回目になり、そろそろ慣れてきた感じです。

思えば今まで色々な生理用品を使ってきました。
使い捨ての生理用ナプキンから始まり、タンポン、布ナプキン、そして現在の月経カップと、意図せずですが、私が知っている生理用品は一通り使ってきていることになりますね。我ながらなかなかです(笑)

月経カップの使い方にも慣れてきたところなので、ここらへんでそれぞれ生理用品を使ってみた感想をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

各種生理用品の感想まとめ

月経は人によって大きく個人差がありますし、その人の生活スタイルによっても生理用品を使ってみた感想というのは変わってくると思うのですが、今回はあくまで私が使ってみた感想をまとめてみたいと思います。

ちなみに私の月経はあまり重くなく、量も極端に多いわけではないです。月経日数はだいたい5日~7日くらい。自分ではごくごく平均的な月経だと思っています。

現在は在宅でのデスクワークですが、それまでは内勤フルタイムOL、1日中立ちっぱなしの飲食業なども経験してきています。

使い捨ての生理用ナプキンの感想

私が初めて使ったのは、一般的な使い捨ての生理用ナプキンでした。
どうしてそれを選んだのかは覚えていませんが、初めて母が買ってきてくれたのが使い捨てナプキンだったので、これを使うもんだと単純に思い込んで使っていた感じですね。

当時、生理用ナプキンに対してどんな感想を抱いていたのかは覚えていませんが、今はあまり好きではありません。

外出時や泊りの時は今でも使い捨て生理ナプキンを利用するのですが、どうもあのべちょっとした感じが好きではないのです。

使い捨てナプキンをメインで使っていた時にはきっとそんなことは感じていなかったと思うのですが、いったん使わなくなると、今度はその使用感に対してかなり抵抗を感じるようになってしまいました。

CMなどでは「サラッと」「即吸収」みたいなコピーを見かけますが、私にはまだまだべちゃっと感じます。

ですが、使用後にそのまま捨てられることや、どこでも手に入りやすいことは使い捨てナプキンの一番のメリットですよね。タンポンですらお店によっては手に入らないですが、使い捨てナプキンであれば、たいていのコンビニに置いてあります。

使用感は好きではないですが、その気軽さや利便性はさすがだと思います。

タンポンの感想

私が最初に使ったのは使い捨ての生理用ナプキンでしたが、わりと早い時期にタンポンに切り替えています。
正確な時期は覚えていませんが、たしか高校生の段階ではすでにタンポンユーザーでした。

うちの母がタンポンだったんですよ。そのため、比較的早い段階からタンポンの存在は知っていて、抵抗も少なかったというのが理由の一つにあります。

タンポンは膣内に吸収帯を入れてしまうので、きちんと交換さえしていれば漏れることもほとんどなく、月経中も快適に過ごせてしまう優れものです。プールやお風呂にも普通に入ることができますよ。

タンポンの出し入れに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれないですが、実物はおそらく想像しているよりもずっと小さく、少ない日用のものでしたら、親指よりも小さいくらいのものなんですよ。慣れてしまえば、本当に快適です。

就職してからは、自分の好きなタイミングでトイレに行くことが難しい場合も多く、そんな日には多い日用のタンポンが活躍してくれました。

よっぽどの時は使い捨てナプキンを保険で併用していましたが、ほとんどの場合、多い日用のタンポンであれば交換回数が少なくても大丈夫でした。心強い存在です。

ただ、使い捨てのナプキンに比べると、売っているお店は限られてきますね。ドラッグストアにいけばほとんど購入できますが、コンビニではあまり売っていません。

それでも私の今までの月経人生の中で、一番長く愛用していたのがタンポンです。

布ナプキンの感想

長く使ってきたタンポンを卒業したきっかけが布ナプキンでした。

タンポンに不満があったからというよりは、話題になっていた布ナプキンを使ってみたかったというのが大きいですね。使ってみたらまんまとハマって、そのまま布ナプキンユーザーになったわけです。
参考記事リンク【布ナプキンデビュー】初めて揃えたナプキンの枚数や種類(サイズ)

布ナプキンは、本当に使用感が最高に気持ち良かったです。
使い捨てのナプキンのようにべちょっとしたり張り付いたりする感じは全くなく(※布ナプキンの素材にもよります)、サラサラとまではいかないですが、ふんわりした温かみのある感じがとても気に入って4年ほどお世話になりました。

想像していたよりも、漏れることも少ないんですよ。
しっかり必要な枚数を重ねてさえいれば、漏れる確率で言えば使い捨てのナプキンとさほど変わらないくらいでした。

あとは色々な布ナプキンの種類を集めるのも楽しかったですね。
私が特に気に入っていたのは「白うさぎ」というシリーズ。持っていた布ナプキンの8割は白うさぎで揃えていたくらいです。

使用感は最高に良かったのですが、布ナプキンのデメリットのひとつは、そのお手入れの手間の多さ。使うたびにしっかり経血を落とさないといけないので、使ったらポイというわけにはいきません。

布ナプキンの洗濯なんて、慣れてしまえば大したことないんですけどね、それでもコンディションが悪い時などは「めんどくさいなぁ」と感じていました。

外出時もきちんと準備していけば使えるのですが、やはり外ではめんどうも多いです。私は在宅だったからこそ、4年も使い続けられたんだと思うんですよ。外勤でトイレに行く回数に制限がある人の場合は、ちょっと厳しいのではないかなと思います。

あとは布ナプキン自体のお値段ですかね。必要な枚数をすべて揃えるとなると、そこそこのお値段になります。

しかし初期費用が高いとはいえ一度買うと長持ちするので、使い捨てナプキンに比べるとトータルでは安く上がりますし、ストックを切らしてしまう心配がないのはいいところだと思います。

今でも布ナプキンは好きです。今は月経カップを使っていますが、今後戻るかもしれないです。それくらい使用感としては布ナプキンが、私は一番好きです。

月経カップの感想

今は月経カップを愛用しています。
参考記事リンク初めての月経カップ 選び方や揃えるもの

最初は怖々でしたがようやく慣れてきました。

月経カップの噂はかなり前から聞いていたのですが、実際に実物を見て使ってみるまでは、どんなものなのかイマイチよくわかっていませんでした。

月経カップの使用中の解放感は、タンポンと並んで一番ですね。
「使っていることを忘れる」とはまさにこのことで、本当に月経中であることを忘れてしまうくらい快適です。

何度も使えるのでストックを気にする必要がない分、タンポンよりも月経カップの方がコスパもいいですし便利です。初期費用的には、布ナプキンよりもかなり安く上がります。

使用後も、電子レンジ消毒ができるのが助かりますね。
布ナプキンのように、経血を落として、洗剤に浸して・・・というのがないので、手入れがとても簡単ですよ。

ただ漏れることはまれにあります。私はSサイズとLサイズを日によって使い分けているのですが、多い日はLサイズを使っていても隙間からちょこっと漏れてしまうことが多いですね。

下着をよく汚してしまうので、多い日は布ナプキンを併用することが多いです。
漏れの頻度は布ナプキンの何倍も多いです。

あと使用中の快適さに比べて気になるのが、その出し入れですね。
慣れてきたとはいえ、毎回少し憂鬱です。

私は長くタンポンユーザーでしたので、生理用品を挿入したり取り出したりすること自体には抵抗が少ない方だと思うのですが、月経カップは大きいので、出し入れ時のインパクトもそれなりに大きいんですよね。

慣れない最初のころに比べるとずいぶんスムーズに出し入れできるようにはなってきているのですが、それでも多少の違和感というか痛みを感じることもあります。

サイズがあっていないとか、使い方が間違っているとかいうことではないと思うので、これは慣れていくしかないのかなと。

しかし、この月経を忘れられるくらいの快適さをいったん経験してしまうと、なかなか他の生理用品に切り替えるのが難しいくらいハマってしまうと思います。

生理用品で一番気に入っているのはどれ?

使い捨てナプキン、タンポン、布ナプキン、月経カップといった生理用品を使ってきたわけですが、その中で一番気に入っている生理用品を選ぶとしたら、もしかしたら布ナプキンになるかもしれません。

月経カップとどっこいどっこいなんですけどね。
手入れがめんどくさいにも関わらず、布ナプキンを選んでしまうかもしれないです。

布ナプキンを使っている時って、デリケートゾーンがしっかり守られている感じがするんですよ。分厚い布ナプキンを何重にも重ねるからなんですけどね。それがすごい安心感なんです。

正直、使っている時の快適さで言えば月経カップの方がいいのですが、月経カップは出し入れの時の違和感がちょっと引っかかるので、トータルで考えると布ナプキンかな?という感じです。

でも月経カップにもせっかく慣れてきたところなので、しばらくは月経カップを使い続けると思います。そうこうしているうちに出し入れの違和感も感じなくなってくるかもしれないですしね。