2人目の出産準備まとめ

2人目出産準備

2人目の出産を控え、安定期に入ったころから少しずつ準備をしてきました。

といっても、すでにある程度ベビーグッズは揃っていることもあり、一人目の時とは違うことも多いですね。
特に今回は上の子のこともあって里帰りをしない予定なので余計にです。

お買い物よりも家の中の整理や、産後の準備に手がかかりました。

2人目の出産に向けて、どんな準備をしたのかを簡単にまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

2人目の出産に向けて買い足したもの

一人目の出産準備では、ベビーカーやベビー布団、抱っこひもなど、比較的大型で高額なベビーグッズの買い物がメインになったのですが、今回2人目の場合は、一人目で古くなったものの買い替えと、新生児服・肌着、おむつなどの消耗品の買い出しがメインになりました。

新しく購入したものの中で一番頭を悩ませたのが、ベッドインベッド。

最初はベビーベッドを購入する予定だったのですが、改めてサイズを測ってみると我が家には置けないことが判明し、現実的なところでベッドインベッドに決めました

上の商品が第一候補だったのですが、実際はIKEAで見つけたおむつ替えマット(?)のようなもので代用してみることにしました(安かったのです 笑)。

あとはおむつ用ごみ箱の買い替え。
ふるさと納税を利用しました。
Vliba(ヴリバ)おむつ用ごみ箱(ダイパーペール)と専用抗菌取り替えバッグ2個

詳しいレビュー記事は外部姉妹サイトにて
外部姉妹サイト記事ふるさと納税返礼品「Vliba(ヴリバ)おむつポット」のレビュー

まだ使えると思っていたのですが、経年劣化のような感じでわりと古くなっていたので買い替えることにしました。
ふるさと納税を利用できてよかったです。

子供用のチェストも買い替えましたね。
今までは一人分が入るサイズだったので、2人分がしっかりしまえるサイズに買い替えました
こちらもIKEAを利用。

新生児服や肌着はベルメゾンで一通りそろえました。
上の子は夏生まれだったので肌着さえしっかりあれば大丈夫くらいの感じだったのですが、今度は真冬生まれなので防寒グッズなども必要で、案外出費がかさんでしまったのが地味に痛かったです。

今回はオンラインショップをフル稼働して買い物をしています。
上の子が一緒だとなかなかゆっくりお買い物も難しいですからね。

産後も引き続き利用していく予定です。

2人目出産に向けて家の中の整理

我が家は3DKの賃貸マンションでして、そんなに広い収納はありません。
1人目が生まれてから少しずつ増えてきた家の中の物をごっそり整理しないと、2人目の物がしまえないことに気が付いて必死に整理をしました。

押し入れの整理に始まり、気が付いたら家中の収納をひっくり返して不要なものをごっそり処分したりと大事に発展しましたが、おかげでかなりスッキリしましたよ!

2人目出産に向けて保険やお金関係も整理

一人目出産のときは、産後の夫の食事や夫にしてもらう掃除についてどう伝えようかなどを考えていましたが、今回はそこらへんはもうおまかせすることにしました。

私も里帰りをしないので退院後は家族の側にいれますし、必要なことは都度伝えることができますからね。

今回は私に万が一のことがあった場合に備えて、保険やお金関係の家の大切なことを資料にまとめておくことにしました

我が家の家計については基本的には私のみが把握しています。

夫には必要事項のみしか伝えていないので、いざという時にはきっと何をどうしたらいいのかわからずに、支払い滞納が出てしまったり、もらえるはずの給付金をもらわずに、支払わなくても良い諸々をを支払いつづける・・・ということも容易に想像ができる状態です。

私に万が一があった場合伝えることもできなくなるので、こういうことこそ元気なうちにまとめておくべきだと思い切りました。

作ってみてかなりスッキリしたので、個人的にはかなりおすすめです。

産後の生活について下調べ

子供を産んだら次は産後生活がスタートします。

今回は里帰りしない予定なので、食事の準備から買い出しまで基本的には一人で何とかしなくてはいけなくなります。

そのため、宅配弁当、宅配食材、ネットスーパーなどについては、入念に下調べを行いましたよ

我が家はネットスーパーの対象地域外なのでとても困っていたのですが、代替として利用できそうなサービスをいくつか発見することができたので、何とかなりそうだなとほっと一安心です。

あとはベビーシッターサービスにも登録しておきました。

参考外部リンクキッズライン

利用するかもしれないし、しないかもしれない。
それくらいの感じでも登録しやすいのがキッズラインでした。

まだ具体的にお願いする予定はありませんが、いざという時に備えて予め登録だけしておくのが良さそうです。

キッズラインにはお友達紹介制度があって、私からの紹介用コードで登録してもらえると3,000ポイントがもらえるそうです(※登録して利用までしていただけると、私にも1,000ポイントもらえるシステムです)。

私の紹介用コードは以下です。
『 kids_2911363462 』

よろしければご利用ください。

産後の対応についての話し合い

ここまで私一人でもなんとか準備できることを色々と進めてきましたが、子育てをしていくのは私一人ではありません。
夫も上の子も一緒に、家族が一丸となって取り組んでいくことです。

産後の生活について、4歳になる息子とも色々と話し合いました。
赤ちゃんのお世話のこと、息子にも一緒に赤ちゃんを支えてもらいたいこと、家族が増えるということなど。

理解しているのかどうかはわかりませんが、折に触れて負担にならない程度に話をしています。

夫とは、私が切迫や管理入院などで早期から入院になってしまった場合の対応をどうするか、分娩入院中の上の子供の送り迎え、食事のことなどを話し合いました。

夫もそれほど深刻には考えていないようでしたが、入院などになる場合、仕事の都合をつけやすくするように準備はしてくれているようです。

一人目と二人目の出産は違う

2人目の出産というとなんとなく「2回目の出産」のように感じていましたが、実際には一人目の時と違うことも多く、同じことを繰り返すわけではない以上、今回もやっぱり初めての出産のように戸惑うことも多いです。

だってそうですよね、私は「2人目の出産」を「初めて」経験するわけですから。

2回目だしと安易に考えていた部分もありましたが、2回目で知っているからこそ怖さを感じるところもあったりして、全然慣れるなんてないです。

2人目の出産について準備を進めながら、心の準備もしているところです。
トラブルも多いですが、無事に赤ちゃんの誕生を迎えられるように願っています。

2人目の出産に向けて

一人目の時とは違うことも多く戸惑いながらの2人目妊娠でしたが、我が家の2人目の出産準備についてまとめています。
まとめ記事2人目の出産準備まとめ

ふるさと納税で赤ちゃんのお迎えグッズを揃えよう!

ふるさと納税でベビーカーやベビーベッドなどが選べるって知っていましたか?
高額な出費になりがちな赤ちゃんのお迎えグッズも、ふるさと納税を上手に利用してお得に揃えちゃいましょう!

要チェックふるさと納税でベビーカーや抱っこ紐!愛知県犬山市からカトージの返礼品

スポンサーリンク