これは驚いた!湯たんぽより電気あんかの方が節約になるって本当!?

冬の暖といえば、エアコン、ホットカーペット、ファンヒーター、こたつ、ストーブ、暖炉etc…
地方によっても選ぶ暖房器具は変わってくるのかもしれないですが、暖かさに違いがあるのと同じようにかかる暖房費もピンキリですよね。

で、今回は昔ながらの「湯たんぽ」と「電気あんか」のお話です。

最近のエコブームで、その優秀さが見直されつつあり、最近はおしゃれなデザインの物も多く登場している湯たんぽ。
寝る前にお湯をいれると、朝までお布団の中を温めてくれるという、冬の救世主ですね。

そんな湯たんぽですが、電気代の節約になると思って使用されている方も多いはず!
実は湯たんぽより、電気あんかの方が総じて安上がりになるよ、という話を小耳にはさんでしまいました( ̄▽ ̄;)!!エ?ウソ?

ちょっと驚いたので、ご紹介させていただきますね。

家計管理、節約

スポンサーリンク

湯たんぽと電気あんかの電気代

私の実家では、冬になると母が布団の中に電気あんかを入れてくれる習慣がありました。
なので電気あんかを見ると、「あー冬だなー」となんだか懐かしい気持ちになったりしたものです。

でもなんとなく、ひと晩中電気を使い続ける電気あんかは不経済な気がして、一人暮らしをするようになってからは使用していませんでした。
それに引き換え、湯たんぽの場合は、寝る前にお湯を沸かして入れておくだけで朝まで暖かさが続くということで、なんだかエコっぽいイメージ♪陶器の湯たんぽなんてのも出てましたし、湯たんぽカバーもかわいかったりして、私もスッカリ湯たんぽを買う気満々でいました(買おう買おうと思いながら2年ほど経過していたのは、内緒です笑)

買おうと思っていたのは、この陶器の湯たんぽです↑

そんな中、先日衝撃の記事を目にしてしまいました!
参考外部リンク湯たんぽは節約にならないという話|All about

湯たんぽが節約にならなってどういうこと!?
それじゃ、湯たんぽを買う理由がなくなちゃうじゃないの!?

だって、湯たんぽはただでさえ手がかかります。
電源を入れればすぐに暖かくなる電気あんかと違い、毎晩お湯を沸かす必要がありますし、湯たんぽ内にカビが生えないようにたまにはお掃除もしなきゃいけません(沸騰したお湯を入れている場合はカビは生えにくいと思いますが)。
さらには私が欲しいと思っている陶器製だと、オシャレだけど割れちゃう可能性もありますもんね。

上記記事を書かれた和田 由貴さん曰く湯たんぽに入れるお湯にかかるエネルギーのことを忘れていないでしょうか。実はお湯の方がずっと多くのエネルギーを使用しており節約にならないのです。とのこと。

どういうことか詳しく見てみましょう!

湯たんぽに準備にかかる熱量・水道代

記事内では、湯たんぽと電気あんかを一晩使用した際にかかる、電気代(電気あんか)、ガス代・水道代(湯たんぽ)を一般的な製品を例にケースごとに計算し、わかりやすく算出してくださっています。

湯たんぽのコスト約2.43円に対し、電気あんか6時間使用のコストは約0.6円と、圧倒的に電気あんかの方が安いことがわかりました。

え?結構な差が出てますけど・・・( ̄▽ ̄;)

一晩だとさほどの差じゃないですけど、1ヶ月分(30日)として計算すると、

  • 湯たんぽ 約75.33円
  • 電気あんか 約18.6円

その差は56.73円ということになります。
まぁ湯たんぽの方も目くじら立てるほどの電気代ではないですが、手間をかけて電気代が余計にかかるってのも考えものですよね(^_^;)

ちなみに、「エコ」とは電気代が安くなるという意味ばかりではありません。
二酸化炭素の排出量も重要ですね。

地球環境のことを考えて湯たんぽ採用を検討している方もいらっしゃるかもしれません!
記事内では、二酸化炭素の排出量もご丁寧に計算して比較してくださっています。

■湯たんぽ
ガス0.035kg+水道0.00036kg=0.03536kg
■電気あんか
電気0.0207kg

残念ながら(?)こちらの結果も電気あんかに軍配です(-_-;)

「エコイメージ」に惑わされないこと

なんとなく「エコっぽい」というイメージだけで製品を選ぶと、こういう結果になることもしばしばあるそうです(;´∀`)

とはいえ、わざわざワット数から消費電力をキチンと計算するのもめんどくさいですよねー。
でも電気代を節約したいのであれば、電化製品の消費電力をチェックするということは重要です!

昔から使用し続けていた電気あんかですが、こんなにも省エネな暖房器具だって知りませんでした!案外やるじゃん!

値段もお手ごろだし、我が家も電気あんかを見直してみようと思います♪