乳腺炎は初期のうちが肝心!病院に行く前にできるセルフケア

授乳期間中はおっぱいトラブルに悩まされること多いですよね。
私のおっぱいトラブル第一位は、「息子がおっぱいの上に手をついて、全体重をかけてくること」です。
あかんあかん!おっぱいつぶれるって!!

今日は、息子におっぱいが虐げられていることに対する悩み相談ではなくて、一般的なおっぱいトラブルとしては第一位に輝くであろう「乳腺炎」 についてのお話です。

母乳育児の天敵とも言える乳腺炎ですが、なんと3割もの人が経験するというかなりポピュラーな病気なんですね。
多い人では5回以上も経験することもあるとか。

ひどくなると、おっぱいは部分的に赤く腫れて熱を持ち痛みます。
しこりができたり全体的にガチガチに張って固くなったり、乳頭に白いプツプツができたり、40度近い熱がでることもあるんです。

ひぃ~!こわいよー(;゚Д゚)!!

という私も実は2回ほど経験しておりまして、さいわいなことにどちらも初期のうちにケアできたので熱が出るほどひどくなったことはありません。
軽度のうちなら病院に行かなくても治せるので、ちょっとでもおかしいな?って思ったら早め早めに対策してくことをオススメします。

子供が小さいうちは病院に行くのって大変ですもんね。

自宅でできる対策をいくつかご紹介します。
すでにめちゃくちゃ痛かったり対策してみてもダメなら、すぐに病院に行ってくださいね!


スポンサーリンク

乳腺炎の原因

乳腺炎は乳腺が詰まることで起こります。
脂肪分の多い食事や甘いものを食べ過ぎた時に起こりやすく、疲れが原因になることも。

ちょっとでも油っぽいものを食べるとすぐに詰まっちゃう人もいれば、なんでも好きなように食べても全然平気な人もいます。
ここらへんは体質ですねー。

私も比較的何を食べても大丈夫な方でした。
どちらかというと疲れや寝不足で乳腺炎になることのほうが多かったですね。

一概には言えないと思いますが、おっぱいの内側にしこりができて痛むときは疲れが原因、外側が痛むときは食事が原因ということが多いそうですよ。

自宅でできる乳腺炎のお手当方法

すでにひどくなってしまっているときはすぐさま病院に行くべきだと思いますが、初期のうちなら自分でケアすることでもかなり楽になりますよ。

熱が出ておらず痛みもまだマシなうちでしたら、これから紹介する方法を試してみてください。

まず冷やす!

乳腺炎かな?って思ったときに、私がまず最初にするのは冷やすことです。

ガーゼで包んだ保冷剤を痛む部分に当てておきます。
痛みが取れるまでなんども保冷剤を取り替えながら冷やし続けるので、下着に挟んじゃったほうが楽チンですよ。

おっぱいが熱を持っているような時は、激しい炎症が起こっていると想像されますので、お風呂も控えたほうがいいですね。
赤ちゃんと一緒に入らなきゃいけない時は、シャワーだけで済ますようにしたりして、なるべく温めないようにしたほうがいいと思います。

しっかり授乳する

そして、次に大事なのはなるべく赤ちゃんにしっかりと飲んでもらうこと。
詰まっているものを吸い取ってもらうイメージです。

授乳回数を減らしていて詰まってしまっている場合は、搾乳機を利用してもいいですよ。
しこりがある部分を搾乳機に軽く押し付けるようにして搾乳すると、詰まりが抜けやすいように感じています。

赤ちゃんに飲んでもらう場合は、しこりがある部分を下唇の方(あご側)に当てるようにして授乳するといいですよ。
赤ちゃんは舌でおっぱいをしごきながら飲むので、下唇側の方が吸いやすいみたいです。

なかなかうまく角度が決まらない時は、抱き方を変えて普段とちょっと違う角度から吸ってもらうだけでも違いますよ。

授乳中は、しこり部分を少し押すようにすると詰まりが抜けやすいです。
でも強く押しすぎたり刺激しすぎると、炎症がひどくなって悪化してしまうこともあるので無理は禁物ですよ!

ちょっとほぐすくらいならいいと思いますけど、本格的なマッサージは病院でしてもらうようにしてくださいね。

しっかり寝る

私みたいに疲れや寝不足が乳腺炎の原因になっている場合は、しっかり寝ることが大切。
よく冷やしてしっかり授乳したあとは、ぐっすり眠る。これが一番です!

私の場合、しっかり寝れば一晩でかなり良くなります。

しっかり寝れないから乳腺炎になってるんじゃないか!というお声はもっともでして、みなさま寝れるんなら眠りたいわと思っているに違いないんでしょうが、ここはあえて言わせてください。

治したいならちゃんと寝てください!!

乳腺炎は病気です。
ひと晩くらいご主人に助けてもらうとかして、なんとか眠れる環境を整えられるようしたいですね。

とは言え、おっぱいの出すぎで詰まってしまっているケースでは、一晩全く授乳しないというのは逆に張りすぎてしまって良くないと思いますので、適度には授乳できるように調整できるのがベストです。

乳腺炎は産婦人科か乳腺外来です

乳腺炎で病院に行くときは、赤ちゃんを産んだ産院に行くか、乳腺外来がある病院に行くのがいいそうです。

私は乳腺炎で病院にかかったことがないので正確なことは言えませんが、乳腺に関する知識がしっかりある人にマッサージしてもらうとかなり楽になるそうなので、そういう人がいる病院に行くのがいいみたいですね。

普通の総合病院だと、点滴や薬がメインでマッサージまではしてもらえないそうなんです。

今回の感想まとめ

乳腺炎はひどくなるとかなりの高熱がでるものですし、そうなってしまうとフラフラして赤ちゃんのお世話どころじゃなくなりますよね。

私もちょうど軽い乳腺炎になってしまったところだったのですが、ご紹介した方法でずいぶん楽になったのでもう平気です^^

卒乳まであと数ヶ月(だと思う)
なんとか無事に乗り切りたいです!