【高反発マットレス体験レビュー】産後腰痛に悩む私がモットンを選んだ理由

高反発マットレス「モットン」を購入しました。
そのお値段なんと、割引を適用してもシングルサイズで約4万円!(※実際に私が購入したのはダブルサイズなので約6万円です!!)

普通、寝具にそんなお値段は出せません。ない袖は振れないので、ひっくり返っても到底無理です。
でも私は買いました。

なぜか?
それは、それだけ腰痛がしんどかったからです。

数ある高反発マットレスの中でも私がモットンを選んだ理由をまとめてみたいと思います。

モットン

スポンサーリンク

産後腰痛対策として出会った高反発マットレス

私の産後腰痛は、骨盤のずれが原因でした。

原因がわかってからはストレッチすることでかなり楽になったのですが、原因がわかるまでが長く、その分腰へのダメージがかなり蓄積してしまいました。

少しでも日常生活でかかる負担を軽くしようと使い始めたのが高反発マットレス。これが良かった。

高反発マットレスが腰痛にいいとは聞いていたものの、調べてみたらそこそこ高価なものだというのがわかりました。
はじめはどんなものかわからないので、最初から大金を投じるのはさすがに勇気がいるんですよね。そこで最初に試したのは1万円ほどで購入できるマットレスです。

この1万円で購入したマットレスもとても良かったです。使い始めてからすぐに腰が楽になるのを感じました。

しかしお手頃価格なマットレスは、やはりお手頃なりの理由があるんですよね。
使い始めて数か月で、マットレスの弾力がなくなっていくのを感じるようになってしまったんです。

高反発マットレスの魅力は弾力です。
へたって弾力がなくなれば、「高反発」の意味を成さなくなってしまいます。

私の腰痛を救世主になってくれた初代高反発マットレスですが、大切に使って1年。とうとう腰を支えるだけの反発力を失ってしまいました。

モットン 古いマットレス

そして二代目マットレスとして私が選んだのが、今回ご紹介しているモットン。
冒頭に書いた通り、手が出しにくい高価なマットレスであるにもかかわらず私がモットンを選んだその最大の理由は「8万回の耐久試験にも耐えるへたりにくさ」です。

腰痛マットレス モットンを選んだ理由

モットンの性能や特徴の詳しいところは、データなどと一緒に詳しく紹介してある公式サイトをご覧ください。

高反発マットレスは本当にいいものだと思います。
ただ、その性能の違いは私にはよくわかりません。

正直言えば、ある程度の弾力と厚みさえあれば、あとはそんなに変わらないのではないかとすらちょっと思っています。

ただし耐久性は別です。
実際に安価な高反発マットレスを1年でへたらせてしてしまった経緯からの今ですので、すぐにダメになってしまうマットレスもあるんだということは身に染みて理解しております。

マットレスは1年経ったある日突然弾力を失うのではなく、買って1~2か月もすれば身体で実感できるくらいのへたりは起こってくるんですよ。

「徐々に弾力がなくなっていって、限界点がくるのが約1年」ということなんです。
快適に使えるのはほんの数か月ってことです。

ところがモットンは8万回の耐久試験に合格しているといいます。

試験方法は、1分間に60回、布団の厚みが半分になるように圧縮し、8万回に達した時点で30分間放置しました。その後、再度厚みの計測を行い、歪み率を算出しました。

仮に1日に平均で20回の寝返りをするとして、年間7,300回(20回×365日)寝返りをする計算になります。つまり、約11年間使用しても、3.9%へたる程度ということになります。

通常、寝具業界的には敷布団は5年と言われておりますが、モットンは、その他の布団と比較して、約3倍の耐久性を誇る結果となりましたので、一度の購入で長くお使い頂け、綺麗な睡眠姿勢を支えつづけます。

さすがに実際の環境下において、11年間もほぼ変わらない状態で使用できるとは思いませんが、それでも1年でへたるよりはずっとずっとマシです。

実際にどれくらいの間、理想的な状態を保って使用できるかは私がこの身をもって実証していくしかないのですが、その耐久性に期待して、モットンを選びました。

安い高反発マットレスと高価な高反発マットレス、どちらがいい?

先ほど「安価な高反発マットレスが約1年でダメになってしまった」と書きました。

約11年で3.6%のへたりしか起こらないモットンのシングルサイズが約4万円。
約1年でダメになる同サイズのマットレスが約1万円。

さすがに11年はテスト上の結果だとしても、実際の環境下でも通常の寝具よりはよい結果になるだろうことは、書き方を見てもある程度は期待してもいいんだと思うんですよね。

ということで、約半分の6年ほどはへたりが少ない状態で使用できるものと仮定しても、安いマットレスを約1年ごとに買い替えていくよりもお得ということになります。

さらに言えば、安いマットレスは快適に使える期間は1年よりずっと短いです。私の経験からですが、快適さを失った時点での買い替えとなると、半年も使用すれば限界かと思います。

最初はまず安いマットレスで様子を見てみて・・・・・・という方法は大賛成です。
私もそうやって、高反発マットレスが体に合うことを確認してからのモットンデビューですから。

でもマットレスを買い替えるというのは、実際は一苦労です。
処分するのにもお金がいりますし、重くてかさばるものですので腰痛の身体で運ぶのも大変でした。

あえて言いますが、安価なマットレスを買うくらいなら、最初からモットンデビューでいいんじゃないでしょうか。

モットンは使用後の返品可能

最初からモットンを使って試してみればいいんじゃない?と言えるのには、返品保証がついているからというのもあります。

こんな方に、安心して、納得して使っていただきたい。という想いと、当店の自信のあらわれと致しまして、寝具業界では異例の返金保証をお付けすることに致しました。

まずは、90日間お試しください。そして、万が一ご満足いただけなければご返品ください。

モットンでは、購入後まずは90日間使ってみて、効果を感じられなかったり体に合わない場合は返品を受け付けてくれるサービスがあるんです。

送料(返品・配送)や手数料(振込手数料)等はこちら負担だそうですが、使用によって汚れてしまっていても返品可能だそうです。故意で破損させてしまったり汚してしまった場合は別ですが、普通に使っていて発生した汚れ等で返品を断ったことはないということ。

「まずは90日間、安心してじっくり試してみてくださいね」という、モットンからのメッセージです^^

ちなみにですが、90日より早く返品することはできません。
返品する時は、必ず90日間はしっかり使用して、その後14日以内に返品手続きを行う必要があります。

どうして90日間は使わないといけないかというと、効果を実感できるまでに2週間~3か月近くかかるからだそうです。

まずは、ある程度の期間はしっかり使ってみてほしいということですね。

高反発マットレス モットンを選んだ理由 まとめ

私がモットンを選んだ最大の理由は耐久性ですが、もちろんその他の性能面でもいいなと感じたからですよ。

これだけのものが、長期間へたらずに使用できることを考えると、お値段分は回収できるかなと計算したんです^^

購入するまでにかなりの期間悩みましたが、買うと決めたら行動は早かったですよ!
初代マットレスの粗大ごみ回収を予約して、回収日にモットンが届くように手配しました。

モットンは営業日の15時までに注文すると、最短で翌日発送が可能です。
地域によっては注文後2日程度で受け取ることも可能ということですね。
(※モットン出荷倉庫は栃木です)

モットンについては、今後引き続きレビューを継続していきますよ。
90日間は使ってみないと本当のところはわからないですしね^^

産後は身体が資本!忙しいママだからこそ体調管理に酵素がおすすめ。

「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」はフルーティーで嫌な甘さでないのが気に入っています。酵素ドリンクの中でも比較的続けやすいお値段なのもお気に入りポイント^^

山野草醗酵酵素『若榴da檸檬』
レビュー記事産後ママの体調管理におすすめ!酵素ドリンク「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」飲み始めました
参考記事リンク酵素ドリンク「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」の好きなところと嫌いなところ

産後のツライ腰痛。もしかしたら骨盤がズレているのかもしれませんよ?

スポンサーリンク