ママバッグとは?何が違う? 覚えておきたい基本の選び方

「ママバッグ」とは一体どんなバッグのことなのでしょうか?
どのような特徴があって、何が普通のカバンと違うのでしょうか?

通販サイトなどを見ていても、「ママバッグ」として販売されているアイテムがとても多いです。

これだけ見ていると、ママバッグは普通のバッグと一線を画す何かものすごい違いがありそうな気がしてきます。

私も最初は何が何やらわからないままにママバッグを購入しましたが、ママバッグにも合う合わないがあるものです。人気があるからといっていいわけじゃないんですよね。

今回は、そんな私の経験をもとに、ママバッグとは何か?ママバッグはどのように選べばいいのかについてまとめてみようと思います。

ママバッグの選び方

スポンサーリンク

ママバッグとは?

ママバッグとは、簡単に言うと、ママが使いやすいバッグのことです。
男性も身に着けやすいユニセックスデザインのものをママバッグに対して「パパバッグ」と呼んだりもします。

ママが使いやすいというのは、つまるところ育児グッズが収納しやすく取り出しやすい仕様になっているということ。
小さい子供連れで外出する際に必要なアイテムが全て収納できるような、収納力の高さも求められます。

ママバッグは普通のバッグと何が違うの?

ママバッグと名前がついているバッグでも、見た目は普通のバッグとあまり変わらないものもありますよね。
一体普通のカバンと何が違うのでしょうか?

まずママバッグと名乗るからには、収納力が高くないといけません。
小さい子供連れでの外出は、思った以上に荷物が多いです。それらすべてが収納できてこそママバッグです。

入れるだけでなく取り出しやすさも重要なので、バッグ内でごちゃごちゃになってしまわないように、ポケットも普通のバッグよりは多めになっていますね。

しかしながらそれ以外の点は、正直あまり普通のバッグと変わりありません。
普通のバッグでも、収納力が高いバッグはありますし、ポケットの数はバッグインバッグを併用すれば増やせます。小さなポーチで整理して分類してもいいですしね。

ママバッグというだけで値段が上がってしまうケースもありますので、気に入ったバッグを自分でママバッグとしてアレンジして使用しても、まったく問題ないですよ。

ママバッグの選び方

ママバッグの選び方として、基本的なポイントをいくつかピックアップしておきます。
これからママバッグを購入する方は、その判断基準として見てもらえればと思います。

ママバッグの選び方
収納力は十分か?
バッグの中は簡単に整理整頓できそうか?
バッグ自体は軽いか?
赤ちゃんと移動する際に持ちやすい形状か?

ママバッグですので、収納力に関してはチェックする方は多いと思います。
その際にポケットの数が売りになっていることもあるのですが、ポケットは無駄に多いと、それだけ物が入るスペースが減ってしまいます。
かといってポケットの数が少なすぎると、バッグ内が散らかりやすく、サッと取り出したい時に物が見つからないという事態にもなりやすいです。ポケットの数は多すぎず少なすぎずがポイントです。

また見落としがちなのが、バッグの重さです。
バッグ自体がしっかりしているのはいいことなのですが、ただでさえ荷物が多いのに、バッグ自体が重いと総重量が相当なものになってしまいます。
抱っこ紐での移動がメインだと、荷物の重さ+カバンの重さ+赤ちゃんの重さがのしかかってきます。少しでも軽いに越したことはないので、バッグは軽いものを選べるといいですね。

そしてバッグの形状(トート、リュック等々)についても迷うと思うのですが、これは赤ちゃんとどういう手段で移動するか、どういう時に使用するのかということをポイントにて選んでほしいです。

便利なママバッグの形状は環境や使用目的によって変わる

ママトートにするか、ママリュックにするか。はたまた別の形のママバッグにするか。
どれも一長一短な感じだし、レビューを見ていてもなかなか決めきれないと思います。

最近の主流はママリュックのようですが、これも人によっては使いにくいと感じるケースがあるんですよね。

ではどうすればマイベストママバッグを選べるのでしょうか?

そのポイントは、ママと赤ちゃんの移動手段や使用目的です。
抱っこ紐での移動がメインなのか、ベビーカーなのか、車で移動するのか。赤ちゃんの二人で買い物に行くのか、上の子がいるのか、公園に遊びに行くのか。
どのようなシーンでどのような目的で使用するのかによって、ベストなママバッグは変わってくるものなんです。

以下に主な特徴と、私が使ってみて感じた感想などをピックアップしておきます。

ママトートの特徴と感想
肩掛けタイプも斜めがけタイプも、抱っこ紐との相性は悪い
ベビーカーで移動する時は使いやすい。ただベビーカーをたたんで移動する時は、トートは邪魔になりやすい
口が広いので物が見やすく取り出しやすい
ママリュックの特徴と感想
抱っこ紐を装着した後にリュックを背負えば荷物も出せるし、両手が空くので便利
何度も、抱っこ紐を下ろしたりリュックを下ろしたりするような長時間のおでかけは、背負う順番などもあってかなりめんどくさい
ベビーカーでも便利
リュック内はゴチャゴチャしやすい
普通のバッグをママバッグとして使用した感想
子供が自分で歩き出したり荷物が減ってからは、斜めがけのバッグがコンパクトで便利だった
普通のリュックはオシャレなデザインのものが多いが、収納力に欠ける
収納力の高い普通のトートバッグも良かったが、型崩れしやすく、中の物もゴチャゴチャしやすい
その他ママバッグに関する感想
車移動メインの人は、どんなバッグでもいいと思う
チャックのついていないママトートの場合、バッグの中身が丸見えになりやすいので、ちょっと恥ずかしいのと防犯上ちょっと不安
抱っこ紐ユーザーはリュックタイプがいいと思う
ママリュックの場合。ちょっとした買い物が目的の外出であれば、財布だけは取りだしやすいように、ミニバッグに入れてママバッグとは別に手で持った方が便利

ざっとまとめてみましたが、こんな感じです。

ママバッグの選び方 まとめ

私は、ママトート→普通のリュック→ママリュック→斜めがけバッグ、とその時々で使うバッグを変えていきました。
一番長く活躍してくれたのが、ママリュックですね。

これは特にお気に入りです!高機能で、抱っこ紐との相性抜群なんですよ。
参考記事リンク抱っこ紐と好相性な高機能ママリュック!背負いやすさ&使い勝手も抜群!

気に入ったものを選ぶのが一番ですが、どのようなシーンで使うのかをイメージしながら選ぶと失敗も少ないと思います。

ママバッグは高価なものも多いので、子供が大きくなった後も引き続き使い続けられるようなデザインを意識して選べるといいのかなと思います。

お気に入りのバッグが見つかるといいですね!

お食い初めに必要なお膳から食器、ケーキ、衣装、飾りつけまで簡単に手配できます!

楽天ROOM始めました!

子育てにおすすめなアイテムを中心に、楽天ROOMにたくさんの商品をピックアップしています。
楽天ROOMアプリからのお買い物で、いつでもポイント2倍になるのもお得で見逃せません!!
藤村みどりの楽天ROOMのページをチェック!
スポンサーリンク