液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんのミルク」を買った感想

アイクレオ液体ミルクの感想

日本国内で販売が開始された液体ミルク。
清潔な水が手に入りにくい災害時の利用や調乳の負担軽減が期待できることから、発売開始直後は大きな話題を呼びました。

私は今ちょうど乳児育児中で、今回は混合授乳をしているのもあって、液体ミルクが発売されたらぜひ利用してみたいと思っていました。

業界に先立って液体ミルクの販売に踏み切ったのがグリコ。
人気の粉ミルク「アイクレオ」から液体バージョンとして発売されました。

まずは試しにということで1箱(12本入り)を購入してみました。

利用してみた感想をまとめましたので、ご利用の参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

アイクレオの液体ミルクが買えるネットショップ

一般での発売が開始された直後に近所のお店のベビー用品コーナーをのぞいてみたのですが、まだ早かったようで取り扱いが始まっていませんでした。

調べてみるとネットでも購入できるお店がいくつか見つかりましたので、さっそく買ってみることに!
液体物は本数を買うとかなりの重量になってしまうので、まとめた買う時はネットが便利だなと思いました。

【アイクレオ液体ミルクが購入できるネットショップ】
グリコダイレクトショップ
Amazon
楽天市場
アカチャンホンポ
ベビーザらス

私は楽天で買いましたが、色々なオンラインショップで取り扱いが始まっているので、手持ちのポイントを利用したい、早く届けてほしい、いつものお買い物のついでの一緒に買いたいなど、ニーズに合わせてショップを選ぶと良さそうですね。

オンラインショップでは箱売り(12本入り)しか取り扱っていないところの方が多いようですね。

1本売りを取りか使っているショップは、上記でピックアップした中ではアカチャンホンポとベビザラス、あとは楽天市場内でもいくつかのショップでは取り扱いがあるようです。

アイクレオ液体ミルク12本入りパッケージの大きさ

アイクレオの液体ミルク、12本入りのパッケージを購入してみました。

アイクレオ液体ミルクの感想 12個入りパッケージ

そんなに大きいわけじゃないですが、やっぱりずっしり重いですね。

これを2個3個と買って帰ることを考えると、ショッピングカートでもないとちょっと厳しそうだなと感じました。

だいたいのサイズ感はこんな感じです。

アイクレオ液体ミルクの感想 12個入り外装パッケージサイズイメージ

私の手と比べてみています。
実寸は約縦9cm×横12cm×奥行10.5cmです。

液体ミルクのストック

液体ミルクのストックにはやはりある程度場所をとりそうです。

アイクレオ液体ミルクの感想 ストックイメージ

普段使いすることを考えるのであれば、まずはストック場所の確保が必要そうですね。

液体ミルクの賞味期限

今回購入した液体ミルクの賞味期限は、購入からだいたい半年くらいでした。

アイクレオ液体ミルクの感想 賞味期限と栄養成分表示

災害備蓄として考えていましたが、ストックしっぱなしだと気が付いたら賞味期限が切れてしまっていそうですね。

ローリングストックとして利用するのが良さそうです。

上記賞味期限は未開封での期限です。
開封後はすぐに飲み切り、飲み残したものを保存して利用することはできません。

アイクレオ液体ミルクの容量・サイズ感

液体ミルク12本入りの外装パッケージを開封するとこんな風に入っています。

アイクレオ液体ミルクの感想 外装パッケージ開封

1箱12本入り。
1本は125ml入りです。

アイクレオ液体ミルクの感想 1パックのサイズ感イメージ

よくある子供用のミニサイズの紙パックジュースくらいのサイズ感ですね。

アイクレオ液体ミルクは移し替え用ストロー付き

アイクレオの液体ミルクにはストローがついています。
しかしこれは飲むようではなく、哺乳瓶に注ぐ用のものです。

アイクレオ液体ミルクの感想 移し替え用ストロー付き

液体ミルクのパッケージにはストローの差込口もあるので、ハサミなどの道具を使用せずに、ストローを差し込むだけで衛生的に哺乳瓶に注ぐことができるようになっています。

アイクレオ液体ミルクの感想 ストローの差込口

移し替え用のストローは、普段使用している飲む用のストローに比べると太く短いものでした。

アイクレオ液体ミルクの感想 移し替え用ストローのアップ

ストローを差し込んで移し替えることで、紙パックの外装に付着しているかもしれない汚れなどの混入を極力減らすことができるようになっているんですね。

アイクレオ液体ミルクの感想 ストローを差し込む

災害時などは手も十分に洗うことができないかもしれないので、少しでも簡単に清潔を保つことができるのは嬉しい工夫です。

液体ミルクは常温での飲用が可能

液体ミルクは、哺乳瓶に移し替えてそのまま常温で飲むことができます。

アイクレオ液体ミルクの感想 哺乳瓶に移し替える

普段使用している粉ミルクや母乳を搾乳したものだと、冷えてしまうと脂肪分が少し分離してしまうんですよね。

でも液体ミルクはそんなことなくて、分離したり固まっている様子はまったくありませんでした。

私は最初「常温OK」ということを聞いた時、70℃以上にしなくても大丈夫なくらい滅菌されているということなんだなと思っていたのですが、常温でもおいしく飲めるという点にも気配りされているということに気が付きました。

そうですよね。いくら安全に飲めても、おいしくなかったら赤ちゃんも飲みませんもんね。

うちの子供は冷めて閉まったミルクは飲まなくなってしまうのですが、アイクレオの液体ミルクは多少怪訝な表情はしつつも半分は飲んでくれたので、いい方だと思いました。

あとは毎日に授乳に少しずつ取り入れて、慣らしていけば大丈夫そう。
おいしいのでしょうね。安心しました。

液体ミルクで不便に感じた点

基本的な使用感としては良さそうだと感じた液体ミルク。
少しずつ取り入れて慣らしていこうと思っているのですが、やや不便に感じる点もあります。

現在販売中の物は紙パック入りなので、哺乳瓶を別に用意しなくてはいけない点は、災害時を想定するとやはり気にはなりますが、これはそのうち改善された商品が販売されると思いますので待つしかないなと思っています。

でも日常的に利用することを考えると、やはり「開封後の保存不可」というのは気になるところです。

1本125ml入りなのですが、これが開封後の保存不可ということは、ちょうど125ml飲む子以外はかなりの無駄が出てしまうことになるんですよね。

例えば100mlも飲まないうちは1パックでは余ってしまいますし、140ml程度飲む時期になると2パック開けて、うち1パックの大半を余らせてしまうことになります。

1本約200円という安くはないお値段なので、これでは日常使いは今のところちょっと考えにくいかなというのが正直なところですね。

海外の液体ミルクは開封後の保存もできるようなので、きっと日本の液体ミルクもそれに近づいていくのではないかと期待を込めて、より使いやすくなり身近な存在となる日を待ちたいと思います。

液体ミルクは夜間や外出時に利用していきます

液体ミルク、試しに使ってみましたが、やっぱり便利ですね!
急いでいる時に注ぐだけでOKというのは、思った以上の魅力でした。

とはいえ今はまだまだ高価な商品。
メイン使いは難しそうですが、しんどい夜間授乳や外出時に利用していこうと思います。

子供の物、増えすぎていませんか?

どんどん増えていく子供の服やおもちゃ。赤ちゃんの頃のベビーグッズも押入れに詰め込まれていたりして、収納がいっぱいになっていませんか?
子供服やベビーグッズの買取店を利用して、一気に整理してしまうのもおすすめです!

参考記事リンク子供服の宅配買取店
参考記事リンクベビーグッズの宅配買取店
参考記事リンク子供のおもちゃ宅配買取店

楽天ROOM始めました!

子育てにおすすめなアイテムを中心に、楽天ROOMにたくさんの商品をピックアップしています。
楽天ROOMアプリからのお買い物で、いつでもポイント2倍になるのもお得で見逃せません!!
藤村みどりの楽天ROOMのページをチェック!

フォトブックの活用方法もいろいろご紹介していますよ!

スポンサーリンク