ずっと逆子だったけれど妊娠32週ごろに自然と直りました

妊娠32週ごろに逆子が直りました

妊娠8か月ごろの妊婦健診で、サラリと「赤ちゃんは逆子になってるね」と言われました。

でもこの頃はまだまだ真剣に受けとめておらず、「そうなんですね」くらいの気持ちでいました。
まだ出産までに時間はありましたし、この時期の赤ちゃんがお腹の中でクルクル回転するのはさほど珍しいことではないとどこかで聞いたことがあったからです。

しかしそれ以降もまったく元の位置に戻る様子のない赤ちゃん。
よほどその体勢が心地よかったのか、その後の妊婦健診は5回連続で「逆子のままですね」という診断のままでした。

赤ちゃんの位置が戻るように逆子体操や寝る姿勢など指導はあったのですが、最終的には特に何もせずに妊娠32週の妊婦健診で元に戻っていることがわかりました。

私の場合、逆子が直るまでどんな経緯だったのかをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

逆子だとどうなるの?

まず逆子についてですが、簡単に言うと、お腹の中で赤ちゃんの頭が上で足が下にきている状態のことを言います。これを「骨盤位」と呼びます。

「骨盤位」を一般向けにわかりやすく呼ぶと「逆子」となります

骨盤位にも、赤ちゃんの体勢によっていろいろな種類があるそうなのですが、体勢によっては経腟分娩も可能な場合があるそうです。

実際に逆子で経腟分娩をした方のレポート記事はこちらです
参考記事リンク逆子(骨盤位)=帝王切開と決まったわけじゃない ナナミさんのエピソード

私の場合は、きっちり頭が上で足が下に位置しているというよりは、斜めになっている感じで、背もたれに深く持たれながら座っているような形だったようです。

診察してくださったお医者さんがおっしゃるには、これは逆子の中でも回転しにくい(元に戻りにくい形)なんだだそうです。

私が妊婦健診を受けていた病院では、赤ちゃんの体勢に関わらず、逆子の場合は帝王切開になることが決まっていたようでした。

この時点で次回の妊婦健診(妊娠32週目)で逆子が直っていなかったら、帝王切開の予約を取りますといわれていました。

私が逆子だとわかったサイン

一番最初に「逆子になっている」と診断を受けた時は、まだそれほど胎動が大きいわけではなかったので、エコーを見せてもらわないと赤ちゃんの体勢がわからなかったです。

でもだんだんと胎動が激しくなってくるにつれて、なんとなく赤ちゃんの体勢がわかるようになってくるんですよね。

お腹の下の方(おへそより下)に頻繁に胎動を感じている時は、「あぁ足が下にあるままだな。逆子が直ってないな。」と自分でもよくわかりました。

もちろん赤ちゃんが手を動かした刺激なども感じるのですが、足で蹴られた時の方が強く感じます。
たぶん手に比べると足の方が力が強くて長いので、動きがダイナミックになりやすいからなんじゃないかと個人的には思っています。

逆子体操は必要?

私はセミオープンシステムで妊婦健診を受けており、分娩する病院と妊婦健診のみを受ける病院とが違いました。

セミオープンシステムについてはこちらの記事にて
参考記事リンクセミオープンシステムで妊婦健診を受けた感想

セミオープンシステムで妊婦健診を受けていた産婦人科では、逆子がわかってしばらくしてから逆子体操をするようにと指導がありました。

私が指導された逆子体操は、『膝を90度に立てた状態で、胸をピッタリと床につけて15分ほどじっとその体勢を続けるということを、就寝前と起床後すぐに行う』というものでした。

これがなかなかキツクて、お腹も張りやすくなり、ほんのり出血してしまったこともありました。

このまま続けたほうが良いのか迷っていたところ、妊娠糖尿病がわかり、分娩する予定の総合病院へ早めに転院することになりました。

転院先の産婦人科で逆子体操について相談してみたところ、そちらの病院では逆子体操は薦めておらず、やりたいならやってもいいけどやらなくてもいいよという感じでした。

病院によっていろいろな考え方があるもんだなと少々ビックリしつつ、逆子体操の影響で少しでも出血があったことを考えて、私は逆子体操を続けるのをやめました。
1週間もやらなかったと思います。

逆子は自然に直ることが多い

セミオープンの産婦人科では、逆子体操の他、エコーで見た赤ちゃんの体勢から右側を下にして寝るようにという指導をいただいたのですが、逆子体操だけやめて寝る体勢だけは右を下にすることを意識して続けました。

でも上の子と一緒に寝ているので、いつもいつも好きな方を向いて寝れるわけではなかったですし、そもそも寝相で動いてしまうことも多かったので、それほど厳密には考えずにできる限りで取り入れた程度でした。

週数が進むにつれて、赤ちゃんが大きくなってくるので子宮内で回転しにくくなってくるという話も聞いていたのですが、赤ちゃんが大きくなって頭が重くなってくると、自然と頭が下(頭位)になることも多いという話も聞いていました。(※医師に確認したわけではなく、どこかでみかけた噂話程度の話です)

もう約2か月逆子のままを貫いている赤ちゃんですので、戻らないんじゃないかと半分諦めつつも、もしかしたら自然と直るかも?という淡い期待半分で過ごしていたのですが、妊娠32週の妊婦健診の時に逆子が直っていることが判明!

私の場合、本当に努力というものはほとんど何もせずにきましたが、本当に逆子が直りました。

出産ギリギリに逆子が直ることもあるそうなので、帝王切開の予定をしていても、ギリギリまで様子は見るようにしているそうですよ。(ギリギリで直っていたら、通常通りの分娩になります)

逆子が直ったことがわかったサイン

実は32週の妊婦健診を受ける前に、少しだけ「逆子が直っているんじゃないかな?」と感じるサインがありました。それは胎動を感じる位置です。

今までは胎動は主に下腹部に集中していたのですが(膀胱を蹴られているのがわかるくらい下腹部)、右上あたりがポコポコ動くようになってきたのです。
おへその斜め右上あたりですね。

前述しましたが、胎動は足で蹴っているものを感じることが多いので、足がおへそより上に来ているということは・・・もしかしたら逆子が直っているのではないかしら?という推理をしていたのです。

妊婦健診で見てもらうまでは確信は持てませんでしたが、エコーで頭が下にあることを確認してもらって一安心でした。

ちなみにですが、赤ちゃんが回転した感じは全然わかりませんでした。
特別ダイナミックな胎動があったとか、刺激的な出来事があったとかそういうことは心当たりがありません。

胎動の位置で、赤ちゃんの体位をだいたい推測することはできるようですよ。

ふるさと納税で赤ちゃんのお迎えグッズを揃えよう!

ふるさと納税でベビーカーやベビーベッドなどが選べるって知っていましたか?
高額な出費になりがちな赤ちゃんのお迎えグッズも、ふるさと納税を上手に利用してお得に揃えちゃいましょう!

要チェックふるさと納税でベビーカーや抱っこ紐!愛知県犬山市からカトージの返礼品

スポンサーリンク