妊娠糖尿病と診断がついてから その後の治療など

妊娠糖尿病になったらどんな治療をするの?

妊婦健診が始まって2回目くらいから尿糖が高いことを指摘され続け、中期ごろの妊娠糖尿病の検査で引っかかった私。

一人目の妊娠の時は尿糖が高い状態が続きつつも、妊娠糖尿病の検査だけはクリアできたのですが、今回は妊娠糖尿病という診断が出ることになってしまいました。

妊娠糖尿病と診断が出たことによりセミオープンシステムで妊婦健診してもらっていた産婦人科では見てもらえなくなり、分娩予定の総合病院へ早めの転院をすることになったのです。

分娩予定の総合病院へ転院してから、妊娠糖尿病についてどのような指導・治療を受けたのかについてまとめておきたいと思います。

あくまで私の場合のことですので、参考程度にお読みください。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病の治療は糖尿内科にて

妊娠糖尿病ということがはっきりしてから、私は産婦人科の他に糖尿内科を受診することになりました。

別の科ですが、総合病院内で連携が取れているそうなので、妊娠中でも安心して診てもらうことができたのは本当に良かったです。

糖尿内科ではまず血液検査をして、妊娠糖尿尿病とはどんな病気なのかの説明を詳しく受けました。

妊娠糖尿病による母体や胎児への影響のこと、摂取するべきカロリー目標値など詳しく聞き、これからどうしていくかのプランを立てていきます。

私はまず食事指導を受けることになりました。

妊娠糖尿病治療は食事指導から

妊娠糖尿病の治療のスタートは、食事指導(栄養指導)からでした。

管理栄養士さんに、普段どのような食事をとっているのか、分量やタイミング、内容などを説明して、どのような改善点があるのかをアドバイスしてもらうためのものです。

私の場合はややカロリーが足りていなかったようですが、基本的には食事の内容はそのままで大丈夫とのことでした。

主食のみ分割食にするように言われたので、主食で食べているご飯やパンを半分残して、残した分を食事と食事の間の時間に食べるように。

それで次の診察までにどのような改善がみられるのかをチェックしてみましょうとのことでした。

分割食は口でいうのは簡単ですが、実際に実行するのはなかなか難しいです。
特に会社勤めの方など、自分のペースで動きにくい方にとってはかなり大変だと思います。

私も在宅の仕事とはいえ、食事の手間が増えるので大変でした。

今も分割食は続いていますが、主食を半分にして2回に分けて食べるというよりは、食べる主食の量を半分にして、メインの食事と分割食のタイミングで違うものを食べる(糖質制限パンや小さなおにぎりなど)ようにして気分転換しつつ乗り切っています。

管理栄養士さんには、糖質制限食を取り入れることはあまりお勧めしないと言われたのですが(総摂取カロリーまで減ってしまう恐れがあり、私にとってはあまり良くないとの判断でした)、一度の食事で1~2口程度のちょこっとしたご飯やパンが食べられないストレスがものすごく、どこかで爆発してしまうと思ったので私は適度に糖質制限食を取り入れて息抜きしながら続けています。

血液検査で具体的な血糖値を測定

管理栄養士さんに食事指導をしてもらったあとは、週に1回ほどのペースで何度か血液検査を行い血糖値を調べ、糖尿内科では、血液検査で出た数値をチェックしてもらうだけの診察が続きました。

私の血糖値の数値は高すぎるわけではないけれど、何もしなくてもいいのかというと、それはちょっと微妙・・・というような数値だったようで、糖尿内科のお医者さんもなかなか判断がつかないようでした。

毎週診察が続くこの事態に少しずつ不安が募り始めていましたが、食事指導でも特別な改善点が提案されたわけでもなく食事制限があるわけではなかったので、私にできることは分割食を続けることくらいしかなく、ただただ血液検査を繰り返すだけの数週間でした。

自分で血糖値測定が始まる

それまでは病院で採血してもらって血糖値を調べてもらっていたのですが、本格的に毎食後の血糖値を調べる必要があるとのことで、とうとう血糖値自己測定がスタートしました。

毎食後に自分で血を取って、キットで血糖値を調べるのです。(※「毎食後」というのはあくまで私の場合です)

最初はなかなか慣れなくて怖かったですし、痛みが全くないわけではないので苦痛は伴うのですが、ただただ不安ばかりだったのが自分でもデータが見れるようになってちょっとスッキリしたところもあります。

何をどれだけ食べたらどんな数値がでるのかが目に見えるのでわかりやすいですよね。

ただどうして高い数値が出たのか自分でも心当たりがない時もあって、だんだんと何を食べればいいのかわからなくなってもいきました。

出産までインスリン注射が始まる

自宅での血糖値自己測定は約20日間くらい行ったのですが、その間、血糖値の数値が思わしくない日がいくつか出てきてしまったことにより、とうとうインスリン注射が始まってしまいました。

私の場合は入院はなく、完全に外来だけでここまで来ました。
インスリン注射も外来での説明だけで済んだので、そこは助かりましたね。

インスリン注射は自分で行います。
私の場合はお腹に注射するのですが、一日に2回行うよう指示されましたので、毎日2回自分で注射しています。

注射と言っても通常の物とは違って、針も細く短く、ワンプッシュで薬が出てくるタイプなのでそれほど難しくはないんですよ。

この注射が出産まで続くことになりました。

分割食も血糖値自己測定も継続のままですが、インスリン注射のおかげで血糖値が抑えられ、何をどう食べればよいの分からないというストレスフルな状態からは少し脱することができたのが良かったです。

妊娠糖尿病は楽ではない

妊娠糖尿病は、不摂生をしていなくても体質でなる場合があります。
私も食事に関しては特に何も指導が入らないくらいだったのに、血糖値だけが異様に高い状態が続いていたので体質の問題なんだろうなと思っています。

しかし何もしなくてもいいわけではなくて、血糖値自体は正常な範囲に下げておかないと、母体や赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があるのです。

今回私は血糖値自己測定もインスリン注射も行うことになってしまい、管理入院だけは免れましたが、妊娠糖尿病であること自体がそれなりにストレスになるくらいには大変だなと感じています。

でもこれも出産までだから!
そう思って今日も頑張っております。

赤ちゃんが無事に産まれてきてくれさえすればそれでいいです。

ふるさと納税で赤ちゃんのお迎えグッズを揃えよう!

ふるさと納税でベビーカーやベビーベッドなどが選べるって知っていましたか?
高額な出費になりがちな赤ちゃんのお迎えグッズも、ふるさと納税を上手に利用してお得に揃えちゃいましょう!

要チェックふるさと納税でベビーカーや抱っこ紐!愛知県犬山市からカトージの返礼品

スポンサーリンク