自宅で血糖値測定(自己測定)ってどんなことをするの?痛い?

血糖自己測定はどんなことをする?痛い?

妊娠糖尿病の検査(ぶどう糖負荷試験)にひっかかってしまい、妊娠糖尿病との診断がついた私。

その後も尿検査や血液検査を繰り返し、とうとう自宅で毎食後血糖値を測定しなくてはいけなくなってしまいました。

血糖値測定の回数やタイミングは人によって違います。

「自宅で血糖値測定」とはどんなことをするかというと、ちょこっとだけ針を刺して血液をとって血糖値を測るんですよ。
病院で採血して測定していたことの簡易版を行うイメージです。

血糖値自己測定用のキットはどんなものを受け取るのかの簡単なご紹介と、自己血糖値測定は痛いのか?を含めた体験レビューをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

血糖値自己測定用キットと消耗品

初回に自分で血糖値を測定する用のキットを受け取ります。

私が受け取ったのは以下のような内容でした。

血糖自己測定 機材と消耗品一式

測定する用の機材と、消耗品一式です。

基本となる測定機材はこちらです。

血糖自己測定 ワンタッチベリオビュー自己検査用グルコース測定器

「ワンタッチベリオビュー自己検査用グルコース測定器」。
血糖値を測って記録することができます。

こちらの測定器に装着して使用するのがこちら。

血糖自己測定 ワンタッチベリオセンサー自己検査用グルコースキット

「ワンタッチベリオセンサー自己検査用グルコースキット」。
このキットに血液をつけることで、測定器で含まれる血糖量が測れるようになります。
消耗品です。

血液を採取する用の針キットはこちら。

血糖自己測定 ワンタッチアクロ採血用穿刺器具

「ワンタッチアクロ採血用穿刺器具」。
体温計のようですが、この先に針を装着して使用します。

装着する針はこちら。

血糖自己測定 ワンタッチアクロランセット医療用穿刺器

「ワンタッチアクロランセット医療用穿刺器」。
消耗品です。

危なくないように、針の部分は露出していません。
器具に装着して使用することではじめて針を刺すことができるようになっています。

あとは、針を刺す前に消毒する用のアルコール綿も出ました。

血糖自己測定 ワンショットプラスEL-2消毒用エタノール含浸綿

「ワンショットプラスEL-2消毒用エタノール含浸綿」。
注射前に使用するあれですね。

消耗品以外の「自己検査用グルコース測定器」と「採血用穿刺器具」は貸与という形で貸し出していただきました。

血糖自己測定はどのようにするの?

上記のキットを使用して自分で血糖値測定をするわけですが、やり方はおそらく病院で説明を受けると思います。

血糖自己測定 採血は簡単です

ガイドなども配布されると思いますし、使い方自体はそんなに難しいことではありません。

血糖自己測定 使い方ガイド

最初は何度か失敗もするかもしれませんが、針などはそんなに何度も処方できるものではないそうなので、極力失敗しないように確実に行う必要があります。

私は何回か失敗してしまい、お医者さんに注意されました 涙

血糖値自己測定をしてどうするの?

自分で病院での採血だけでなく、自宅である程度の日数続けて血糖値を測定することで、日々の記録を取ることができます。

血糖自己測定 記録ノートに血糖値を書き込んでいきます

記録ノートのようなものも一緒に配布されると思いますので、指示通り記録していってくださいね。

血糖自己測定 血糖値を記録していきます

自分の日々の血糖値を知ることで、どんなものをどれくらい食べるとどんな数値が出るのかがわかってくるので、以前よりも不安が減りました。

数値を知ることで、次の解決策を探っていくための血糖値自己測定です。

血糖値自己測定は痛い?

血糖値自己測定をするためには、指先に針を刺して小さな傷をつけ、そこから血液を出して血糖値を測ります。

つまり血が出るくらいには傷をつける必要があるのです。
しかも敏感とされる指先に刺すのです。

「痛いのではないか?」と気になりますよね。

測定は1度限りではなく、ある程度の期間続けるものです。
痛いか痛くないかは、気になるところだと思います。

結論から言うと、『大騒ぎするほどの痛みではないが、痛くないわけではない』というところです。

針は細く、ほんの少ししか出さないので、実際にはそんなに深く刺さるわけではありません。
加えて、ボタンを押して針を発射する感じになるのですが、発射時の刺激と針が刺さった刺激が混ざって、パチンと何かがぶつかった感じの痛みの方が大きく感じると思います。

しかし針が刺さる刺激がまったくわからないわけではありません。
傷みを感じるといえば感じますので、全然痛みはありませんよということはないと思います。

針は「1」~「5」レベルで出る長さを調整できます。
1がより短く、5に近づくほど長く出るようになっていきます。

短い方が痛みは少ないですが、指先の皮膚が厚い人は少し長めに出した方が失敗が少ないかもしれません。

私はいつも1で、うまく刺さらない時は2にしています。

注射のような痛みを想像しているかもしれませんが、それほどではないので安心してくださいね。

自分で針を刺すことになるので、最初は特に勇気がいると思いますが、慣れてくると怖いのもなくなってくると思います。

血糖値自己測定を失敗しないためのポイント

先ほど、「針は消耗品だけれど、何度も処方できるものではないので、あまり失敗しないように」と書きました。

私は実際に何回も失敗してしまったのですが(涙)、失敗を少なくするためのポイントをまとめておきたいと思います。

  • 指の横よりも腹に近い方が、血液が出やすい
  • 血液をしっかり出してから測定する
  • しっかり刺さらなければ針を少し長くして再度刺す

針を刺す位置ですが、指の腹よりも横(爪と腹の間)の方が傷みが少ないそうなのですが、個人的にはこの位置は失敗が多いような気がします。
腹よりも皮膚が厚いのか、しっかり刺さらず血液が十分量でないことがありました。

腹の方が血が出やすかったので、失敗も少ないと感じています。

また絞る血液量は、ぷくっと丸く膨らむくらいには出した方がいいと思います。
少し滲んだくらいではちゃんと測定できないので、キットを無駄にしてしまう可能性が高いです。

一度刺してうまく血液が絞れない場合は針が短い可能性があるので、少し長くして再挑戦してみてください。
1度失敗しても、再度同じ針でチャレンジすることができますよ。

血液を絞るときは、刺した付近のみを絞るのではなく、指の根元に近いところからギュッと絞ってくるようにすると結構出たりします。

血糖自己測定はめんどくさいけれど大切です

私は毎食後1時間半~2時間の間に血糖自己測定を行うことになっているのですが、これがなかなかめんどくさいものなんですよね。

いつもいつも自宅にいるとは限らず、外食した時などは外出先で測定することもあり、一目が気になることもあります。

しかし、これは毎回規則的に測定していくことが大切な記録になるので、めんどくさがらずに続けていくことが重要。

私は今の時点で丸1週間測定を続けていますが、さらに追加で10日間の測定が決まりました。
その数値を見て、次にどうしていくかが決まるようですね。

出産まであと1か月を切りましたので、このまま無事に事が進むように願っています。

ふるさと納税で赤ちゃんのお迎えグッズを揃えよう!

ふるさと納税でベビーカーやベビーベッドなどが選べるって知っていましたか?
高額な出費になりがちな赤ちゃんのお迎えグッズも、ふるさと納税を上手に利用してお得に揃えちゃいましょう!

要チェックふるさと納税でベビーカーや抱っこ紐!愛知県犬山市からカトージの返礼品

スポンサーリンク